下記の内容は リリースバージョン毎の改良、修正等の内容を、ユーザ様の利便の一助として情報公開するものです。このことにより、当社または販売者が、各製品の修正、交換、バージョンアップ等の義務を負うものではありません。
リリースNo.は各ソフトの「ヘルプ」-「バージョン情報」に表示されています。大きいNo.が最新です。


岩盤柱状図 旧Ver.6 改良・修正情報
リリースNo 主な改良点・修正点
R009
記事や見出しに全角英数文字を含むか検査する機能を新設。
表土類の内訳図模様が複雑な場合、一部描画されない事があったのを修正。
ヘルプ改訂。
R008
土質名-図模様の編集画面で柱状図画面と同じ図模様表示できるなど改良。
短文等の表示順を、登録画面でワンタッチで変更可とした。
柱状図模様のカラー、白黒をラジオボタン選択式に変更。
ヘルプ画面に「開いて印刷」ボタン新設。ヘルプ改訂。
R007
XML形式データ「地質・土質調査成果電子納品要領(案)平成16年6月」版を読める。
RQDなどのグラフグリッド間隔を広くできるオプション新設。
ヘルプ改訂。
R006
XMLデータ「地質調査整理要領(案)平成15年7月、14年7月」版を読める様にした。
土質地質名登録画面改良。中砂など線描パターン追加。
ヘルプ改訂。
R005
破砕帯にマイロナイトほか追加。
R004
試料Noの入力可能文字数を増やし、折り返し2回まで可とする。
孔口標高の表示桁数を任意にできる(計算は小数以下2桁で変更なし)。
R003
線描パターンのうち小円がディスプレイによっては見えない(印刷は可)のを改善。
ヘルプ改良。
R002
JACIC柱状図データを読み込み利用する時、原位置試験データの変換を改良。
室内試験の項目部見出しデータの配置改善。
R001
柱状図縮尺を変更した時、線描パターンが歪まない様にした。
R000
柱状図模様の描画方式として、ビットマップパターン方式と線描パターン方式の2種類を用意


岩盤柱状図 旧Ver.5 改良・修正情報
リリースNo 主な改良点・修正点
R007
・原位置試験、試料のタイトルデータの縦書きオプション(2行まで)を新設。
・N値グラフ内に10cm内訳とN値記事共に表示させる時の文字配置を改善。
R006
・たて縮尺の設定をデータ部だけ有効にするオプションを新設。すなわち、データ部のみ縮小して、見出し(タイトル部)は1/100のままにできる。
R005 ・1層あたりに記入できる観察記事の量を大幅に増やした。
・1ページの印刷深度(長)の最大値を増やした。(プリンタの制限内で)
R004 ・発注機関の入力文字数を増やした。
・地質入力画面のパターンチェックボタンが動作しないことがあったのを修正。
R003
・JACIC版柱状図Ver.5 のデータが読める。
・調査名の入力文字数を増やした。
・N値グラフをある深度と前深度を結ばないオプション新設。
R002 〜略・・


_