最終更新日 2017年6月1日
JGcals2017 Jcオール柱状図 港湾柱状図 化学柱状図 ホ ー ム
安定計算 鉛直増加応力 現場透水試験 土 性 図 バ-ジョンアップ
エルエルティ プレシオ 簡易動的コーン スウェーデン F. A. Q.
JGビューア サポート

地盤工学会様式をアレンジしたシンプルで見易い様式の柱状図
シンプル版柱状図 Ver.7   \54,000 (本体価格 50,000)
   コアびん木箱用ラベル印刷プログラム (シンプル版ラベル Ver.7) 付き
ユーザ様へV
旧Version ユーザ様へ

主な仕様と特長

データ入力、機能
  深度、土質名、色調などの下線をデータ毎に表示・非表示に設定できます。
N値は50cm、75cmも対応
地質名、色調、技術者名ほか登録編集可能。柱状図模様もビットマップ画像なのでWindowsのペイント等で自由に追加変更可能
記事は地質深度と独立に入力できるので、層の構成、深度の変更によって、地質、記事はおたがいの影響を受けません。
地質名や記事が列内に収まらない場合、自動的に下に垂れ下がります。活字サイズを小さくすれば、垂れ下がる量を減らせます。
柱状図枠・グラフの刻み線の太さなどの様式設定ができます。

表示・印刷
  深度、色調、記事など各項目の表示幅を+−微調整できます。(N値グラフ幅、柱状図模様幅、標尺部幅を除く)
活字のフォント、サイズを選択できます。
たてよこの縮尺を変更できます。
印刷用紙はA3まで、白紙に印刷。柱状図模様はカラー、白黒どちらでも対応。
印刷プレビューに対応しています。
動作は高速。

データファイル
  付属のコアビン・木箱用のラベル印刷プログラムソフトは、柱状図の入力済みデータを利用できます。
別売JACIC版柱状図 Version 7 で読み込みできます
JACIC(国土交通省)様式ではありませんので、電子納品用のXML形式へのデータ変換はできません。が、「JACIC版柱状図」で開き、保存することにより、別売の電子納品ソフトJGcalsで読み込み可能となります。


画面例



待機中の基本画面
データ項目各欄の幅、グラフ、試料など表示オプションを用意しています.




メニュー「データ」-「地質 色調」




メニュー「設定」-「柱状図様式」-「目盛り/記号」
N値目盛りなどや試料の塗り方の設定画面




メニュー「設定」-「登録・土質名 図模様」
土質地質名の追加、柱状図模様との対応の編集変更可




メニュー「データ」-「表示幅」
項目毎の横幅をデータファイル個別に調整変更可能.




コアびん、木箱用ラベル印刷プログラム
「ラベル用紙サイズ」編集画面. 市販の用紙や任意のサイズを登録できます.
柱状図データからラベルを自動作成、もちろん編集も可



購入申し込み

メール

商品内容
システムディスク
セットアップマニュアル
本ソフトをご利用になるお客様のメールアドレスで、ご住所お名前等ご記入の上お申し込み下さい。
購入申し込みのメールアドレスのお客様をユーザ様として登録し、サポートはこのメールアドレスのお客様に対応致します。



 


シンプル版柱状図 Ver.7 ユーザ様へ

最新リリースバージョン(下記、改良・修正情報参照)をお送りします。メールでご請求下さい。
添付ファイルのプログラム部分は Lzh形式です、解凍ソフトはご用意下さい。なお、本ソフトがすでにインストールされている必要があります。
メールメール 改良・修正部分を添付ファイルで送信(無料) サイズ=約500kB

 Ver.7 改良・修正情報
下記の内容は リリースバージョン毎の改良、修正等の内容を、ユーザ様の利便の一助として情報公開するものです。このことにより、当社または販売者が、各製品の修正、交換、バージョンアップ等の義務を負うものではありません。
リリースNo.はソフトの「ヘルプ」-「バージョン情報」に表示されています。大きいNo.が最新です。
リリースNo 主な改良点・修正点
R100
データ入力は表形式(リストボックス)のセル内でも入力・編集可能。
柱状図模様追加(浮石混じり粘土用など)
ヘルプ改訂
R003
グラフグリッドを灰色(カラー)表示できる
水位▽印のx方向の表示位置を指定可能.
R002
ページ(フッタ)機能新設.
フォント設定メニューを1画面に整理.
リターンキーに対する動作をカスタマイズ可能とした。下記から選択.
 ・Windowsの標準=OKまたは終了する
 ・次に移動
 ・何もしない
(日本語確定や行指定などはWindows標準動作)
入力画面デザイン一部変更、ヘルプ改訂
Windows 8 対応 (7 Vista XPも可)
R001
Windows 7 対応 (Vista XPも可)
R000
リリース Vista 対応 (XPも可)               .



 



シンプル版柱状図 旧Ver.5、6 ユーザ様へ
バージョンアップ>
誠に申し訳ありませんが、旧Version 5 (1999 リリース)旧Version 6 (2006 リリース)のサポートは終了いたしました。お手数ですが、Version 7 にバージョンアップ いただけます様、お願い申し上げます。

Version 7 の主な内容
Windows 8、7、Vistaに対応.
柱状図の表示印刷幅を深度、土質名、色調、試験などの項目別に微調整できます。(ただし、左右両端の標尺目盛り、柱状図模様(パターン)幅、N値グラフ幅は変更できません。)
土質地質名の登録編集操作を改良しました。
柱状図模様を表示原寸で確認できます。カラー白黒の切り替えもワンタッチです。
色調はリストから文字を加えていくこともできます(例えば 淡+灰 など)。もちろん今まで通り ”淡灰” を選んだり、自由入力もできます。
技術者、記事短文などの表示位置の変更を↑↓キーで行えるようにしました。
データファイルは旧Verと互換性があるので、ただちに安心してご利用いただけます。
柱状図と断面図を共にご利用のユーザ様には断面図を無料バージョンアップサービス!

旧Ver.5 改良・修正情報の履歴
リリースNo 主な改良点・修正点
R016 ・たて縮尺の設定をデータ部だけ有効にするオプションを新設。すなわち、データ部のみ縮小すると、見出し(タイトル部)は1/100のままにできる。
R015 ・1層あたりに記入できる観察記事の量を大幅に増やした。
R014 ・印刷範囲が広いプリンタ用に、1/100で約30mまでの設定可能とした。
・見出しデータ入力画面の標高種別リストにKBMも用意した。
・地質/色調データ入力画面の「パターンチェック」ボタンの機能修正。
R013 ・ボーリングNo.データの文字数制限を16から24字に増やした。
・タイトル(土質柱状図)配置を自動センタリングとした。
R012〜
・略




商品名などは各社の商標です。



サザンテック株式会社