最終更新日 2019年1月7日
JGcals2017 Jcオール柱状図 港湾柱状図 化学柱状図 ホ ー ム
安定計算 鉛直増加応力 現場透水試験 土 性 図 バ-ジョンアップ
エルエルティ プレシオ 簡易動的コーン スウェーデン F. A. Q.
JGビューア サポート

JACIC「地質・土質調査成果電子納品要領(案)平成20年12月版」対応
JGcals2014 Ver.10 JGキャルス \30,240 (本体価格 28,000)
 XMLデータシート Ver.5 ・土質試験地盤調査データシート交換用 XMLデータファイル作成ソフト
・「JGcals2014」への組み込みソフトですので、動作させるには
 「JGcals2014」が必要です。
         全DTDを用意、別売各々¥17,280(本体¥16,000)

改訂新要領(平成29年4月以降契約業務から適用)、
「地質・土質調査成果電子納品要領・同解説 平成28年10月」対応版は
「JGcals2017」をご利用下さい。
本ソフトは旧「地質・土質調査成果電子納品要領(案)平成20年12月」対応版です。

CALS電子納品用XMLデータファイル作成、紙のデータからキーボード入力も可能
JACIC版、岩盤柱状図データをCAD用柱状図、断面用柱状図DXF形式等へ変換
JACIC版、岩盤断面図データをCAD用DXF形式等へ変換
「地質・土質調査成果電子納品要領(案)平成20年12月版」=平成21年8月以後の業務用、に述べられている電子成果品のXML形式データファイルと、電子簡略柱状図(DXF形式)を作成できます。
土質試験地盤調査データシート交換用データファイルは 「要領」の全種類を用意、下記の様に各データシート毎の組み込みソフトとしてご利用いただけます。

主な仕様と特長
 

作成対応ファイル
=「地質・土質調査成果電子納品要領(案)平成20年12月版」に関するもの
JGcals
2014
別売
1. ボーリング交換用データファイル(XML形式)
2. 土質試験結果一覧表データファイル(XML形式)
3. 土質試験地盤調査データシート交換用データファイル(XML形式)
XMLデータシート Ver.5= JGcals2014への試験毎組み込みソフト

物理試験
A1202 土粒子の密度試験
A1203 土の含水比試験 電子レンジを用いた試験含む
A1204 土の粒度試験
B0132 石分を含む地盤材料の粒度試験
A1223 土の細粒分含有率試験
A1205 土の液性限界・塑性限界試験
B0142 フォールコーンを用いた土の液性限界試験
A1209 土の収縮定数試験
B0151 土の保水性試験
A1224 砂の最小密度最大密度試験
A1225 土の湿潤密度試験
B0051 地盤材料の工学的分類
透水圧密
A1218 土の透水試験
A1217 土の段階載荷による圧密試験
A1227 土の定ひずみ速度載荷による圧密試験
せん断試験
A1216 土の一軸圧縮試験
B0520 土の三軸試験の供試体作成・設置
B0521 土の三軸圧縮試験(UU、CU、CUb、CD)
B0525 土のK0圧縮試験(K0CUbC、K0CUbE)
B0527 不飽和土の三軸圧縮試験
B0530 粗粒土の三軸試験の供試体作成・設置
B0541 土の繰返し非排水三軸試験
B0542 地盤材料・土の変形特性を求める試験 ねじりせん断試験
B0550 ねじりせん断試験用中空円筒供試体の作製設置
B0551 土の中空円筒供試体によるねじりせん断試験
B0560 土の圧密定体積定圧一面せん断試験
化学試験
B0211 土懸濁液のpH、電気伝導率試験
A1226 土の強熱減量試験
B0231 土の有機炭素含有量試験
B0241 土の水溶性成分試験
安定化試験
A1210 突固めによる土の締固め試験
A1228 締固めた土のコーン指数試験
A1211 CBR試験
 ―――――――――――――――――――
地盤調査
B1221 サンプリングの記録
A1220 オランダ式2重管コーン貫入試験
A1221 スウェーデン式サウンディング試験
B1411 ベーンせん断試験
B1421 孔内水平載荷試験
B1431 ポータブルコーン貫入試験
B1433 簡易動的コーン貫入試験
B1311 ボーリング孔を利用した砂質礫質地盤の地下水位測定
B1312 観測井による砂質礫質地盤の地下水位測定
B1313 ボーリング孔内の電気式間隙水圧計による測定
B1314 単孔を利用した透水試験
B1316 締固めた地盤の透水試験
B1317 トレーサーによる地下水流動層検層
B1321 孔内水位回復法による岩盤の透水試験
B1322 注水による岩盤の透水試験
B1323 ルジオン試験
A1215 道路の平板載荷試験
A1222 現場CBR試験
B1521 地盤の平板載荷試験
A1214 砂置換法による土の密度試験
B1611 突き砂による土の密度試験
B1612 水置換による土の密度試験
B1613 コアカッターによる土の密度試験
B1614 RI計器による土の密度試験
B1711 変位杭を用いた地表面変位
B1712 沈下板を用いた地表面沈下量
B1713 クロスアーム式沈下計を用いた盛土内鉛直変位
B1721 水管式地盤傾斜計を用いた地表面傾斜変動量
B1725 伸縮計を用いた地表面移動量
B1731 地中ひずみ計を用いた地すべり面測定
B1911 環境化学分析のための試料の採取(土、地下水)
B1921 環境化学分析のための表層土試料の採取
B1931 観測井からの環境化学分析地下水試料の採取
ソフト名は「要領」のDTDNo.に対応しています。
   土質試験33製品(全41試験)
   地盤調査33製品(全37調査)
上記試験名称は略称の場合があります、正式名は「要領」の
DTDNo.でご確認下さい。




4. 地質情報管理ファイル(XML形式)
5. コア写真管理ファイル(XML形式)
6. 土質試験及び地盤調査管理ファイル(XML形式)
7. その他管理ファイル(XML形式)
8. 電子簡略柱状図(DXF形式)

(注1) 柱状図、各土質試験のPDFファイル、コア写真の画像データ、地質平面図、地質断面図のCADデータは、それぞれ市販のPDF形式作成ソフト、画像処理ソフト、CADソフトで別途作成していただく必要があります。
土質試験データシート内のグラフはイメージデータ方式です。数値入力の手間はありませんが、スキャナで別途電子納品用に画像を取り込んで下さい。
(注2) 電子簡略柱状図はDXF形式で作成されます。「地質・土質調査成果電子納品要領(案)平成20年12月」で述べられている最終納品形式はSXF(Part21)形式です。したがって本ソフトで作成したDXF形式電子簡略柱状図は、CADソフトにおいてSXF-P21形式で保存する必要があります。
XML形式データファイルは 「JGcals2014」単独または「XMLデータシート」組み込みでデータ入力・編集により作成できます。すなわち、他のソフトやそのソフトのデータファイルが無くても、紙のデータからすべてをキーボードで入力可能です。
ただし、DXF形式へのデータ変換を行うには、「JACIC版柱状図」、「岩盤柱状図」、各「断面図」のデータファイルが必要です。下記の「本ソフトの機能その2」を参照下さい。




本ソフトの機能 その1

ボーリング交換用データファイル (XML形式)
 ・ 「地質・土質調査成果電子納品要領(案)平成20年12月」に定められた、標題情報からフリー情報までの各様式のデータ入力、編集ができます。XML形式で保存されます。
なお、JACIC版柱状図Ver.5〜7 岩盤柱状図Ver.5〜7、地すべり柱状図、港湾柱状図のユーザ様は、これらの柱状図データを読み込んで利用できます。

地質情報管理ファイル (XML形式)
前項で作成された、ボーリング交換用データファイルを指定して読み込み、地質情報管理ファイルが作成できます。

土質試験地盤調査データシート交換用データファイル (XML形式)
別売 組み込み用「XMLデータシート」ソフトが必要です。
各土質試験、地盤調査データシートの内容を入力します、定められたXML形式で保存できます。
 なお、
  B1314 は、現場透水試験Ver.4、5 のデータ
  A1221 は、スウェーデン Ver.4、5 のデータ
  B1421 は、エルエルティ Ver.4、5 プレシオ Ver.4、5 のデータ
  B1433 は、簡易動的コーン貫入試験 Ver.1 のデータ
を、それぞれ開いて利用できます。

土質試験結果一覧表データファイル (XML形式)
「地質・土質調査成果電子納品要領(案)平成20年12月」に定められた様式のデータ入力、編集ができ、XML形式で保存されます。
土性図Ver.3〜6 のユーザ様は、土質試験結果データを読み込んで利用できます。
JACIC版柱状図Ver.5〜7 岩盤柱状図Ver.5〜7 のデータからは件名ほかを読み込み利用できます。

管理ファイルファイル (XML形式)
地質情報管理ファイル、土質試験及び地盤調査管理ファイル、コア写真管理ファイル、その他管理ファイルを編集作成できます。




本ソフトの機能 その2

データ変換
下記のデータ変換ができます
変換元データ 「開く」 変換 変換後データ「名前をつけて保存」
JACIC版柱状図 Ver.5、6、7 (*1)

CAD用DXF形式 断面図用簡略柱状図
CAD用DXF形式 JACIC土質様式柱状図
CAD用DXF形式 岩盤柱状図
岩盤柱状図 Ver.5、6、7 (*1) JACIC版柱状図 Ver.5、6、7形式
柱状Base Ver.2形式
地すべり柱状図 Ver.1、2 (*1)
柱状Base Ver.1、2   (*2)
岩盤Base Ver.1、2   (*2) 岩盤柱状図 Ver.5、6、7形式
スウェーデン Ver.3、4、5 (*1) CAD用DXF形式 断面図用簡略柱状図
JACIC版断面図 Ver.7
岩盤断面図 Ver.7     (*1)
CAD用DXF形式 断面図

*1 サザンテック株式会社または株式会社東建ジオテック
*2 基礎地盤コンサルタンツ株式会社
変換前後の各形式が対応していない項目や、存在しないデータは変換されません。
変換したデータファイルは、各対応アプリケーションソフトで確認と未入力項目データの追加などの作業が必要となる場合があります。
DXFはAutoCAD社Release14等に対応の形式です。

DXF形式断面図用簡略柱状図への変換では、 [項目][設定]ボタンで、描画項目(岩級、N値、RQD、ルジオン値、最大コア長、スウェーデン)や、目盛り、旗の角度、N値の数値印刷など、簡略柱状図の詳細が設定できるので、「地質・土質調査成果電子納品要領(案)平成20年12月」の仕様以外の様式も可能です。
地すべり柱状図データからは柱状図模様との組み合わせにかぎりますが、「ボーリング掘進中の水位変動」も可能です
DXF形式断面図は距離と標高に応じて簡易断面図を配置するもので、層や色塗り、標題データは変換できません。





画面例



メニュー「ボーリングXML」
「編集項目選択」画面




メニュー「管理XML」-「その他資料」
「要領」のOTHERFLS.XML作成画面




メニュー「データ変換」
・DXF形式や各種柱状図データ形式に変換.




メニュー「データ変換」-「作図項目 岩盤」の例
DXF形式断面用簡略柱状図へ変換時のオプション.
描画項目の選択やグラフ目盛りが設定できます.




メニュー「データ変換」-「様式設定 JACIC版」の例
DXF形式断面用簡略柱状図への変換時のオプション.
作図幅や記号など『要領』の標準以外の値にも設定できます.




DXF形式データへの変換結果例
断面図用簡略柱状図
 地すべり柱状図−作図項目
 にて水位変動を選択した例
右 岩盤柱状図
市販のCADソフトで表示した画面例です。
本「JGcals2014」はDXF形式に変換保存できますが、DXF形式ファイルの表示機能はありません。



購入申し込み
JGcals2009(Ver.9) JGcals2007(Ver.8) JGcals2005(Ver.7) JGcals2004(Ver.6) JGCALS(Ver.5) JCALS (Ver.4) のユーザ様は、バージョンアップ頁もご覧下さい。なお、XMLデータシートを新たにご使用になりたい場合もバージョンアップサービスをご利用いただけます。


メール
ソフト名称をご記入下さい。
<XMLデータシート>のA1202以下は土質試験・地盤調査XMLデータシート作成用で、 ソフト名称は「要領」のDTD No.に対応しています。併記の試験名は略称ですので「要領」で ご確認下さい。JGcals2014に組み込んで使用しますので、動作させるためには JGcals2014が必要です。 後日付け加えることも可能です。
ソフト名称 価格(税込み)
JGcals2014 ¥30,240
< XMLデータシート Ver.5> 税抜き単価¥15,000

ソフト名 試験名略称
A1202 密度
A1203 含水比
A1204 粒度
A1205 液性・塑性
A1216 一軸圧縮
A1217 圧密
A1225 湿潤密度
B0051 地盤材料
B0521 三軸圧縮
☆以上9種同時ご発注の場合 (基本セット 9種)

物理試験
A1202 土粒子の密度試験
A1203 土の含水比試験 電子レンジを用いた試験含む
A1204 土の粒度試験
B0132 石分を含む地盤材料の粒度試験
A1223 土の細粒分含有率試験
A1205 土の液性限界・塑性限界試験
B0142 フォールコーンを用いた土の液性限界試験
A1209 土の収縮定数試験
B0151 土の保水性試験
A1224 砂の最小密度最大密度試験
A1225 土の湿潤密度試験
B0051 地盤材料の工学的分類
透水圧密
A1218 土の透水試験
A1217 土の段階載荷による圧密試験
A1227 土の定ひずみ速度載荷による圧密試験
せん断試験
A1216 土の一軸圧縮試験
B0520 土の三軸試験の供試体作成・設置
B0521 土の三軸圧縮試験(UU、CU、CUb、CD)
B0525 土のK0圧縮試験(K0CUbC、K0CUbE)
B0527 不飽和土の三軸圧縮試験
B0530 粗粒土の三軸試験の供試体作成・設置
B0541 土の繰返し非排水三軸試験
B0542 地盤材料・土の変形特性を求める試験 ねじりせん断
B0550 ねじりせん断試験用中空円筒供試体の作製設置
B0551 土の中空円筒供試体によるねじりせん断試験
B0560 土の圧密定体積定圧一面せん断試験
化学試験
B0211 土懸濁液のpH、電気伝導率試験
A1226 土の強熱減量試験
B0231 土の有機炭素含有量試験
B0241 土の水溶性成分試験
安定化試験
A1210 突固めによる土の締固め試験
A1228 締固めた土のコーン指数試験
A1211 CBR試験
 ―――――――――――――――――――
地盤調査
ソフト名 試験名略称
B1221 サンプリングの記録
A1220 オランダ式2重管コーン貫入試験
A1221 スウェーデン式サウンディング試験
B1411 ベーンせん断試験
B1421 孔内水平載荷試験
B1431 ポータブルコーン貫入試験
B1433 簡易動的コーン貫入試験
B1311 砂質礫質地盤の地下水位測定 ボ-リング孔利用
B1312 観測井による砂質礫質地盤の地下水位測定
B1313 ボーリング孔内の電気式間隙水圧計による測定
B1314 単孔を利用した透水試験
B1316 締固めた地盤の透水試験
B1317 トレーサーによる地下水流動層検層
B1321 孔内水位回復法による岩盤の透水試験
B1322 注水による岩盤の透水試験
B1323 ルジオン試験
A1215 道路の平板載荷試験
A1222 現場CBR試験
B1521 地盤の平板載荷試験
A1214 砂置換法による土の密度試験
B1611 突き砂による土の密度試験
B1612 水置換による土の密度試験
B1613 コアカッターによる土の密度試験
B1614 RI計器による土の密度試験
B1711 変位杭を用いた地表面変位
B1712 沈下板を用いた地表面沈下量
B1713 クロスアーム式沈下計を用いた盛土内鉛直変位
B1721 水管式地盤傾斜計を用いた地表面傾斜変動量
B1725 伸縮計を用いた地表面移動量
B1731 地中ひずみ計を用いた地すべり面測定
B1911 環境化学分析のための試料の採取(土、地下水)
B1921 環境化学分析のための表層土試料の採取
B1931 観測井からの環境化学分析地下水試料の採取



価格
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥86,400

¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
 ―――
価格
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280
¥17,280

JACIC版柱状図Ver.5、6、7 岩盤柱状図Ver.5、6、7 または土性図Ver.3、4、5 のいずれかの登録ユーザ様は、お手元のシステムディスク(FD、CD)のシリアルNoも書き添えて下さい、JGcals2014を特別価格¥19,440(本体価格¥18,000) にさせていただきます。
本ソフトをご利用になるお客様のメールアドレスでお申し込み下さい。
購入申し込みのメールアドレスのお客様をユーザ様として登録し、サポートはこのメールアドレスのお客様に対応致します。
 商品内容 システムCD、セットアップマニュアル
 



JGcals2014 Ver.10 ユーザ様へ

最新リリースバージョン(下記、改良・修正情報参照)をお送りします。メールでご請求下さい。
添付ファイルのプログラム部分は Lzh形式です、解凍ソフトはご用意下さい。なお、本ソフトがすでにインストールされている必要があります。
メールメール 改良・修正部分を添付ファイルで送信(無料) Lzhサイズ=約400kB

 
JGcals2014 Ver.10 改良・修正情報
下記の内容は リリースバージョン毎の改良、修正等の内容を、ユーザ様の利便の一助として情報公開するものです。このことにより、当社または販売者が、各製品の修正、交換、バージョンアップ等の義務を負うものではありません。
リリースNo.はソフトの「ヘルプ」-「バージョン情報」に表示されています。大きいNo.が最新です。(データ変換画面には、変換部のリリースNo.が表示されまています)
リリースNo 主な改良点・修正点
R004
メニュー「ボーリングXML」にてJcオール柱状図のデータもある程度読める.
メニュー「データ変換 (R005)」にてスウェーデンデータの断面図用DXF目盛りを改善.
R003
メニュー「ボーリングXML」にて岩盤柱状図データ読込み時に掘削水から送水種類コードへの変換を新設.
メニュー「データ変換 (R004)」にてスウェーデンデータの断面図用DXFグラフに最大値行き止まり印のオプション新設.
R002
メニュー「ボーリングXML」にて岩盤柱状図データ読込み時の掘削と観察記事を改良.
R001
メニュー「データ変換 (R003)」にオプションボタンを新設。この画面内のEnterキーに対する応答もカスタマイズできる様改善.
R001
メニュー「データ変換」にて
・断面用簡略柱状図等へのDXF変換を繰り返す時の操作性を改良.(同一様式設定ならば毎回ラジオボタンをクリックしなくて良い)
・柱状図データ変換の図模様初期設定が空白になる場合があったのを修正.
・不要な未動作の予備ボタンを消去.
・「開く」ボタンで初期表示されるファイルの種類を改良、変換種別を反映.
R000
リリース                

 
XMLデータシート Ver.5 改良・修正情報
メールメール 最新R請求   改良・修正部分を添付ファイルで送信(無料)
データシート名 リリースNo 主な改良点・修正点
A1216 R001
カーソル動作、上書きボタン等改良
A1217 R001
カーソル動作、上書きボタン等改良
自動時刻計算改良
B0521 R001
リスト表内編集可能等改良








商品名などは各社の商標です。



サザンテック株式会社